薬剤師を取り巻く環境は今後どのように変わっていくのでしょうか?

薬剤師求人市場の今後



薬剤師は今後益々増え続けるといわれています。原因はいくつかありますが、中でも6年制大学の登場や、薬科大学の増加が大きく関係しているといえるでしょう。 とはいえ、全国的に見てみると、一部の地域でのみ薬剤師が溢れている状況ですので、まだまだ薬剤師が活躍できる場は残されているといえそうです。
保健師の求人転職に強い求人サイトは?

つまり、薬剤師市場の今後は、いずれ薬剤師が溢れてしまうことは目に見えているとはいえ、現在のところは希望している条件に近い職場に、転職できるチャンスが残されているということです。

これは、ブランクがある薬剤師にも同じことがいえるでしょう。最近、復職を支援するために開催されているセミナーや、研修プログラムが増加していることからも、学びやすい環境が整ってきたことが分かります。

無料で利用できるケースもあることから、復職するタイミングとしてはベストなタイミングであると言えるでしょう。 いずれ、このようなセミナーやプログラムが開催されなくなってくれば、それだけ薬剤師の需要が減少してきているという指標にもなりますので、頻繁に開催されている今、参加しておくことをおすすめします。

尚、薬剤師の業界で言われている、求人数が増える時期についてですが、全体を通してみてみるとタイミングは3回に分けられそうです。 4月、お盆休み明け、年末年始の3回です。ただし、応募が殺到する時期でもありますので、早めに準備しておいた方が希望に合った仕事が見つかりやすいといえるでしょう。

以上、薬剤師市場の今後と、転職のタイミングについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。近年、4年制大学を卒業して、現役の薬剤師として活躍している人が、更なるキャリアアップを目指して、学び直すケースが目立ってきています。

それだけ、6年制薬科大学の影響が大きいとも言えますが、より優秀な人材が増えていくことにより、益々就職しづらくなる傾向は強まっていくといえそうです。 今後の進路について早めに検討し、転職を考えているのであれば、準備を進めていくことをおすすめします。

看護師転職で確認しておきたいこと

看護師の転職をすることになった場合、どのようなポイントをよく確認しておきたいのかについてご紹介します。 まず、働いている看護師の数や年齢層はよく確認しておいた方が良いでしょう。 あまりにも人数が少なかったり、自分と全く違う年齢層の方ばかりということになると働きにくいと感じてしまうかもしれません。

他には、勤務形態に関することもよく確認しておきましょう。 看護基準はどのようになっているのか、夜勤はあるのか、三交代制なのか二交代制なのかというポイントは最低限確認しておきたいところです。

夜勤が含まれる職場の中には、希望者は日勤のみでも可能というところもあるため、どうしても夜勤が難しいという方は日勤スタッフとしてのみ働くことができるのかというポイントを確認しておきましょう。

夜勤の回数が多いとどうしても体調不良やストレスにつながってしまいます。 病院によって夜勤の回数や、夜勤中の人数は違うので、先に確認しておいた方が良いですね。

特に、今の職場で夜勤に不満があって転職を検討しているという方は慎重に確認しておきたいポイントです。

入院患者がいる施設で夜勤があるのは仕方がないことでもありますが、仮眠が可能かということもチェックしておきましょう。

それから、採用された後に不満につながりやすいのが給料に関することです。 基本給が少ない、手当が少ないといった問題が後から分かったとしたら大変なので、事前にチェックしておきたいですね。

ボーナスは何ヶ月分出るのか、昇級はいつなのか、残業代はしっかり支払ってもらえるのかといったポイントも忘れずに確認しておきましょう。

小さなこどもがいる方の場合、託児所や病児保育があるかというのも重要なポイントになってきますよね。 託児所がある病院であれば、仮に子供が体調崩してしまったとしても安心して任せることができます。

特に小さなこどもは頻繁に体調を崩しやすいので、ママ向けの支援体制が整っている病院かということも調べておきたいところです。

↑ PAGE TOP