病院薬剤師のメイン業務とは?

病院薬剤師は実際にどのような仕事をするのでしょう

病院薬剤師の主な業務は(1)調剤(2)服薬指導(3)疑義照会です。 ここでは、病院薬剤師は実際にどのような仕事をするのかをご紹介いたします。

基本の業務内容は調剤薬局と同じです。 病院薬剤師は調剤薬局勤務と比較すると、患者さんとの距離が近いと言えます。 だからより親密なコミュニケーションが要求されます。

医師や看護師など他の医療従事者と協力して仕事を進める<チーム医療>も調剤薬局とは違います。 病院での調剤では注射薬や点滴を薬剤師自身が扱う場合もあります。 注射剤は内服薬と比較すると作用が強い薬剤が多いのです。 内服薬よりもより一層、慎重に投与量や投与経路をチェックしなければなりません。

病院薬剤師は薬物治療に関わる場合もあります。 患者様の血中濃度データに基づいた薬物治療モニタリングがそれにあたります。 略称でTDMとも呼ばれる薬物治療モニタリングは、薬剤師が医師と協議してひとりひとりの患者さんに合わせた薬物療法をします。 TDMは病院薬剤師だからこそ担当できる仕事のひとつです。

――では、病院薬剤師として仕事するメリットはどこにあるのでしょう。

1番目は、医療現場で勤務しますから医療の最新知識を身に付けることができることです。
2番目は、世間的にも病院薬剤師は知名度が高いことで、新卒の薬学部の学生が憧れる人気の職種であることです。
3番目は、医師・看護師など他の医療従事者とチーム医療に貢献できることです。
4番目は、製薬企業が主催する勉強会や病院内のカンファレンスなどに参加するケースが多く医療知識向上のチャンスが多いことです。
5番目は、患者さんとの距離が近いために薬剤師としてのやりがいを感じやすいことです。

以上、病院薬剤師は実際にどのような仕事をするのかをご紹介いたしました。 病院薬剤師の初任給は他の薬剤師の職種と比較すると低いです。 給料の多寡ではなく薬剤師として医療現場で働けることに情熱と誇りを持てる人が向いているでしょう。

↑ PAGE TOP