管理薬剤師は責任のある重要なポジションです

管理薬剤師の業務とは

管理薬剤師は「薬剤師」「管理者」という2つの立場を兼任した薬剤師を指します。薬剤師として働きながら、医薬品の管理や他の薬剤師の指導・教育、経営に関するマネジメントなども行っていくため、薬に関する専門知識のみならず、勤務先に応じた専門知識を身に着ける必要もあります

管理薬剤師の基本的な業務は、医薬品の品質管理や在庫管理、薬剤管理の情報管理や帳簿管理、医薬品を取り扱うスタッフの監視・指導などとなりますが、これらに加えて、勤務先独自の専門的な業務を担うこととなります。

例えば、製薬会社や医薬品卸業者の管理薬剤師は、医薬品の品質管理や使用期限のチェック、医薬品の情報管理や問い合わせに関するDI(Drug Information=医療品情報提供)、監督官庁への許認可申請や対応が主な業務となります。

さらに、MRに対する指導や勉強会の開催といった業務も請け負うため、薬事法や薬剤師法などの法律に関する専門知識や、高い事務能力・マネジメント能力が求められます。

また、ドラックストアや薬店などの医薬品販売店では、服薬指導や医薬品相談といった一般的な薬剤師業務から、顧客対応や在庫管理、棚卸や販売商品の陳列、スタッフの指導やシフト管理なども行うため、本来の薬剤師の業務から外れた仕事も数多くこなすこととなります。

特に、ドラックストアなどの場合は、売れ筋商品の開拓やPOP作成、新しく発売される大衆薬の勉強会参加など、販売促進に関わる業務も重要な仕事となります。 管理薬剤師は、薬剤師としての業務だけでなく、勤務先独自の業務が加わってくるため、対応できる仕事の幅や見識が広がり、管理者・経営者としての知識や目線を手に入れることができます。

そういった意味で、管理薬剤師は大変やりがいのある仕事です。管理薬剤師としての経験は、キャリアアップや転職の際に大きく影響してくるだけでなく、薬剤師として大きな成長をもたらしてくれます。管理薬剤師は、薬剤師としての未来を見据える方にとって、目指す価値のある役職だと言えるでしょう。

↑ PAGE TOP