パート勤務と常勤勤務の違いについて知っておきましょう

パート勤務という薬剤師の働き方

薬剤師は女性の割合が多いので、結婚してからパート勤務をする方もいます。 限られた時間にだけ働くことができるというメリットがありますが、常勤薬剤師とは違い、扱える科目の薬品に限度が設けられることがあるようです。

勤務形態に違いがあっても、利用する患者さんにとってはどちらも同じ薬剤師です。 いい加減な調剤はできませんし、誤った飲み方を伝えるなどすれば、健康被害などの大問題になってしまいます。

薬の扱える範囲に制限があるとはいえ、求められる仕事は同じです。 しかし、常勤薬剤師との役割や立場の違いに不満を抱え、退職や転職する方が多いようです。

役割に差が生じるというのは、経営者サイドの立場になってみれば言い分もあります。 子育てや出産、旦那さんの転勤、子供のPTA役員、学校行事、病気などにより、早退や欠勤が多いということも事実です。 そのような不安定な状況で、常勤薬剤師と同じだけの仕事を割り振るというのは、リスクがあるのでしょう。

パート勤務の方にも、この仕事にやりがいを感じてもらいたいと配慮をしたことが、裏目にでることもあります。 扶養枠は103万円で、この金額より給与が上回らないことをパート勤務の方は望んでいます。

今より時給を高くし、もっとやりがいを感じてほしいと願っても、扶養枠より下回るために、今度はシフトを少なくするなどの調整をされるというのです。 少ない勤務時間の方に、責任が生じる業務を割り振るのは難しいでしょう。

常勤ではなくパート勤務という勤務形態をチョイスした以上、フルタイムで働いている人との違いが生じることは、ある程度仕方がないことだと自覚することも必要です。 同じ女性の中には、子供がまだ小さくても、常勤でバリバリ働いている方もいます。

その方たちは常勤ということで、いくら子供が病気をしたり親が参加する学校行事があっても、欠勤できずにがんばっています。 どちらを選択しても、それぞれにいいところと悪いところはあるようです。

↑ PAGE TOP