薬剤師が憧れる研究職。転職するのは難しい?

製薬会社の研究職へ転職

製薬会社勤務の薬剤師は、薬剤師の中でも花形として見られるケースが少なくありません。確かに、新薬の研究開発の現場に身を置き、自分が開発に携わった薬品を多くの患者さんが使用してくれる、という充実感は、他の業種では決して得ることができないものです。

更に、製薬会社の研究室勤務の薬剤師は高収入が約束されていますが、研究職に携われる薬剤師は大学院を卒業した人材の極一部であるため、非常に狭き門でもあります。この点も、製薬会社勤務の薬剤師が特別視される一因なのでしょう。

大手の製薬会社の勤務する薬剤師の中には、20代で年収1000万円を実現している方も存在します。ドラックストア勤務の薬剤師の平均年収が500万円前後と言われている中、この高収入はかなり魅力的です。

とはいえ、製薬会社に採用される薬剤師が必ず研究職に就けるという訳ではありません。製薬会社に勤める薬剤師の多くは、薬剤師免許と専門知識を活かしMR(医薬情報担当者)となっているのが実情です。

MRの仕事は、自社製品の情報を医師や医療従事者へ提供し、医療現場から得たデータを、自社の製薬部門にフィードバックするやりがいのある仕事です。しかしながら、研究職とは全くカラーの異なる職種であることは否めません。

製薬会社の研究職は、求人自体は非常に少なく、求められるスキルや能力、学歴などが大変高いため、採用されるのは至難の業です。時に、研究職は「新卒かつ、大学院で優秀な成績を残していなければ採用されない」と言われていますが、必ずしもそうではありません。

例えば、SMO(治験実施施設管理機関)やCRO(受託臨床試験実施機関)といった、新薬の研究・開発に近い部署で働いていた経歴を持つ薬剤師の場合、専門知識や特殊な経験を評価され、大手企業の研究職に転職を果たす場合があります。

勿論、こういったケースは非常に稀であり、研究職勤務自体が非常に狭き門であることは事実です。ただ、地道に転職活動を続け、自分自身の知識やスキルを磨いていくことで、研究職に就くことは不可能ではないという事を、是非、心に留めておいて下さい。

↑ PAGE TOP